注入方法はクリニックによって施術方法は違う

・長茎術の一般的な手術方法
強くたくましいペニスを手に入れることは男性の目標でもありますが、その中のひとつに長茎術があります。ペニスを長くすることです。

 

ペニスを構成している主組織を陰茎海綿体といいますが、実はこの海綿体は体内で靱帯によって恥骨と結びついています。クリニックによって長茎へのアプローチや施術名称は違いますが、ほとんどで共通している概念としては、その靱帯の一部から海綿体を切り離し、根元から引き出して固定することです。これが一般的な長茎手術の方法です。

 

最近ではメスで切除せずに行う、切らない長茎術も増えています。下腹部に埋もれたような状態になっている海綿体を、靱帯を切らずに引っ張り出すようにして、そのまま糸で固定するというものです。非常に簡単な施術ですが、うまくない医師が行うと常に引っ張られる感覚が下腹部やペニスに残りますし、糸が切れてしまえば効果はなくなります。
これらが長茎術の主な手術方法です。

 

増大術で行われるフィラー剤注入方法

増大術は陰茎亀頭冠、つまりカリの周辺にフィラー剤を注入する方法と、亀頭もしくは陰茎全体に膜を張るように注入する方法があります。使用するフィラー剤によって持続期間や見た目の美しさなどが違います。

 

カリ周辺を中心に増大する施術は、カリが女性の膣内の性感帯に引っかかるようになり、刺激をより強く与えることが可能になります。また、カリが張り出すことで包皮が亀頭にかぶるのを防げるので、軽度の包茎の方の場合はそれを治すこともできるメリットがあります。

 

亀頭全体を増大する場合は、膜を表面に敷き詰めたような状態になるので、刺激に鈍感になり早漏解消という効果も出てきます。

 

いずれの注入方法でも、増大術は見た目の男性力強化だけでなく、実力まで増大できる効果があります。