吸収タイプは試しに増大術をしたい人に向いている!

・増大術の吸収タイプとは?

 

ペニスを大きくしたいという悩みを持つ男性は非常に多いです。これは男性の象徴でもありますし、短小包茎では不潔な上、性感染症にかかりやすくなること、自信という精神面に大きく影響することなどから、生理的に正常な欲求とも言えます。

 

昨今では美容外科の技術を応用し、手術をしても自然な状態を保てるようになっています。クリニックで男性の自信を取り戻せるようになっているのです。

 

特に増大術の手法は様々なものがあり、注入するフィラー剤ひとつを取ってみてもいろいろあります。その中で大きく分けられるのが定着タイプと吸収タイプです。文字通り定着タイプは長期間もしくは半永久的に効果が持続するもので、吸収タイプは半年から1年程度で体内に吸収され元に戻ってしまうものです。吸収タイプの方が料金的にやや安い特徴があります。
フィラー剤というのは注入する溶剤です。吸収タイプには次のようなものがあります。

●ヒアルロン酸
最も一般的なフィラー剤です。元々体内にあるものですから、体に害を与えることもないので重宝されています。ヒアルロン酸は体内で分解され、少しずつ吸収されます。増大効果の持続期間は約半年程度です。

 

●コラーゲン
タンパク質のひとつですので、こちらも安全性が高いです。コラーゲンも体内に吸収されるので、半年〜1年でほぼ吸収されてしまいます。コラーゲンを選ぶ際に気をつけたいのはアレルギーを起こす可能性がある点です。

 

吸収タイプのメリットはなに?

定着タイプと吸収タイプなら半永久的に持続する定着タイプの方がいいと思うかもしれません。では、吸収タイプの存在理由、メリットはなんでしょうか。

 

まず、真っ先に挙げられるのは料金でしょう。定着タイプに比べ、クリニックによっては半額くらい安いこともあります。吸収タイプもフィラー剤を定期的に注入すれば、見た目はずっと増大効果が持続します。回数が多くなるので、安い方がいいですよね。

 

それから、増大術に不安がある方も吸収タイプが向いています。試しに増大術を受けてみたい方などは吸収タイプで増大してみて、その効果を実感してください。気に入ったら吸収タイプを定期的に受けてもいいですし、定着タイプに切り替えてもいいでしょう。

 

柔軟性が高いのが吸収タイプの魅力というわけです。