長茎術はペニスの長さを伸ばしたい方、仮性包茎の治療をお望みの方にお勧め

ペニスの長さに関してなんの問題も感じられない方に関しては、単なる包茎手術を行えばいいわけですが、もともとペニスの長さにコンプレックスを感じている方に関しては、包茎手術だけでは問題は解決できません。
このようにペニスの長さを伸ばしたい方や、仮性包茎の状態を改善したい方にお勧めなのが、この長茎法です。

 

通常の場合、約2cmから5cm程度ペニスの長さを伸長できます!

陰茎の構造についてご存知ですか。陰茎のサオの部分は靱帯で恥骨につながり、そのまま体の下腹部の中に入っています。長茎術とは簡単にいうと、この陰茎海綿体をメスを入れることにより、体外に引き出すことにより、ペニスの長さを伸ばすという方法です。
>> 長くなるの?どれくらい大きくなるの?

 

長茎手術にはメスを入れ、切って行う手術と、切らないで行う手術の二種類がありますが、そのうち一般的なのが切る長茎手術です。

 

切る長茎手術の具体的な方法について

この方法では陰茎の根元をメスで開き、そして陰茎海綿体、いわゆるサオと恥骨をつないでいる靱帯をゆるくすることにより、体内に埋まっているサオを体外に引き出すというものです。引き出したあとは、ゆるめておいた靱帯を締めなおし、そして開いた箇所を縫合して手術が完了します。

 

 

・軽度の包茎の方なら、この治療法で状態を改善することが出来ます!
包茎の状態が軽度な方であれば、この治療法により、包茎の治療も行うことができますが、包皮の余りが多すぎる方に関しては、この治療法を包茎の改善に利用しても効果は得られないということになります。

 

・開いた後は陰毛の陰に隠れて見えません、しかも効果は半永久的に続きます!
手術にかかる時間も少なく、開いた箇所は陰毛に隠れて見えませんので、傷跡も気になりません。この方法により得られた効果は半永久的に続きます。手術の後遺症などもないため、ペニスの長さが気になる方にはお勧めの治療法です。

 

切らない長茎手術とはどんなものでしょうか?

切らない長茎手術は、具体的には陰茎を伸ばす、これを特殊な糸で固定するという方法を指します。メスを入れることがないため、傷跡も残らず、体に対する負担はありませんが、糸で固定された部分にやや違和感を感じる、あるいは陰茎が引っ張られているという感覚を覚える方もいるようです。>>もっと切らない手術についての詳細を見る

 

・効果は一時的なものですので注意してください!
体にメスを入れないので気軽に受けていただけますが、デメリットとしては効果が一時的だということが挙げられます。

 

・高度な医学技術が要される長茎手術
長茎手術は一見すると簡単な手術のように思われますが、実際には高度な技術が要される手術になりますので、手術を受けるに当たっては、専門的な知識があり、経験と技術を備えた医師に依頼することが必要です。

 

気になる費用ですが、クリニックによって多少の違いはあるものの、30万円〜50万円程度と、一般的な包茎手術に比べると費用はやや高額になります。

 

長茎手術で長くなるの?どれくらい大きくなる?

・個人差はあるが長くなることは間違いない
長茎手術を受ける際には、どの程度長くなるのかという点が気になります。
多くのクリニックの説明を見れば、およそ2cmから10cmぐらいまでとなっていますので、ある程度長くなることができるようです。
個人差などはあるにせよ、多くの人が最低でも2cm長くなるということは、重要なポイントです。

 

この2cmという数字は、平均的な日本人の勃起したときの長さでもある13cmと理想的な長さと言われている15cmとのちょうど差になっているのです。

 

したがって、だいたい平均的な長さのペニスを持っているならば、長茎手術を受けることによって理想的なペニスを手に入れることができるということになります。

 

理想的なペニスを手に入れることができれば、性行為の時にも自信を持つことができるでしょうし、温泉や銭湯といった他の男性の目が気になる場所でも恥ずかしさがなくなります。少しでも長さのことで悩んでいるなら、長茎手術を検討してみると良いでしょう。

 

とはいえ、手術といえば不安もあると思いますので、体験談などを探してみました。

 

実際に手術を受けた方の体験談

手術前は勃起した時が10cm程度で少し小さいことに恥ずかしさもありましたが、5cmも長くなったので満足しています。銭湯に行っても恥ずかしくなくなりました。
(28才、会社員)

勃起すると4cm、普通の時で2cm長くなりました。切らない方法だったので、戻ることに注意しないといけないと説明を受けました。
(34才、自営業)

勃起時に3cmぐらい長くなり、良かったのは良かったのですが、もっと長くなってほしかったという思いも少しだけあります。
(31才、システムエンジニア)

術後は平常時でも違いが分かるぐらい長くなったので、驚いています。だいたい5cmぐらいは長くなりました。彼女も喜んでくれたので、受けて良かったと思います。
(40才、営業職)

 

実際に手術を受けた人の多くは、長くなったことに喜びを感じています。なかなか相談できない悩みを解消できる大きなチャンスだと言えそうですね。

 

切らない長茎手術とはどのような方法ですか?

・メスで切開しなくても定着するの?
一般的に長茎手術には、大別して二つの方法があります。それはメスで切開する「切る」手術と、「切らない」で行う手術です。体にメスを入れるというのはかなり負担がかかることであり、出来れば切らない治療法を選びたいと思われる方もいるでしょう。

 

では具体的に切らない長茎手術とはどのようなものでしょうか。切らないで行う手術法とは、ペニスの付け根の上部分をほんのわずか切開し、靭帯を引き出すことにより行います。この場合も、靱帯の最も奥の部分を引き出す場合と、皮膚のすぐに下にある筋膜の部分だけを引き出す方法と二種類あります。

 

手術の方法はそれぞれのクリニックにより多少の違いがあります。たとえば東京スカイクリニックでは、ミニマムカット法という方法を用いていますが、これはわずか1cm程度の切開するという方法です。気になる方は、あらかじめそれぞれのクリニックがどのような手法を用いているか、確認しておくようにしましょう。

 

長茎手術は痛みを伴いますか?

・手術後は患部がかなり痛いの!?
長茎手術に興味があるけれども、痛みがひどいのかどうか気になる、そんな方のために以下に実際に手術を受けた方の口コミをまとめてみました。

 

切らない手術を受けることに決め、手術に臨みました。手術中は引っ張られる感覚があり、これでは手術後も辛いかと覚悟していましたが、今ではまったくなんの違和感もありません。手術を行った直後は多少痛みを感じましだか、その程度でした。手術を受ける前に聞いていたほどの違和感は実際はありませんでした。(35才、会社員)

普段からあまり痛みを感じるタイプではないので、手術中も手術後もほとんど痛みは感じなかった。(31才、自営業)

手術中は感じなかったのだが、帰宅した頃になり痛みと同時に患部に熱い感覚があった。みんなが言っているとおり、勃起すると引っ張られている感じがする。(26才、会社員)

手術の最中は痛くないけど、そのあと徐々に痛みがひどくなる。手術後は痛み止めを飲むしかない。(33才、会社員)

 

麻酔をかけて手術を行うわけですので、手術中は痛みはほとんど感じられません。しかし麻酔が切れてくると、痛みを覚える方がほとんどです。

 

ペニスの根元の部分を開くわけなので、ここはやはり痛みを感じます。他にたとえば切らない手術の場合、ペニスが元に戻っていかないように糸で固定することになるので、独特の突っ張った感覚を覚える方もいます。切った部分は術後に熱をもってしまうことが多く、痛みもありますので、痛み止めは欠かせません。術後に飲むための痛み止めをあらかじめ処方してもらい、用意しておくことが肝心ですね。

 

切った箇所の痛みや引っ張られるような感覚もほとんどの場合、一週間程度でおさまるようですので、余り心配しないようにしましょう。